更年期の髪の悩み

更年期になると、髪の悩みを感じるようになるという人が増加します。40代に入ると女性ホルモンの分泌量が減少し、髪の成長期が短く、休止期が伸びます。

髪が少なくなり、地肌が髪越しにわかりようになります。毛根から生える髪も、数が減ってしまうため、頭髪が薄くなります。頭髪が減少することが、髪の悩みに困る女性が増加する原因になっています。頭頂部が、女性の薄毛がスタートする部位だといいます。なかなか目が届きにくい部位ですが、鏡などで確認してみるといいかもしれません。もしも実際に髪が少なくなっていたら、悩むよりも、対策を講じることのほうが先決です。薄くなる一方の頭髪を見ていると絶望的な気持ちになる人もいるかもしれません。この場合、いつまでもへこんでいても症状は好転しませんから、髪にいいことに取り組んでいきましょう。uvカットの帽子をかぶったり、体にいいものを食べることもおすすめです。髪を洗う時も、40代であれば皮脂汚れや汗は若い頃より減りますので、適切な方法は変わります。髪質や、地肌の状態に合わせてシャンプーを選び直すことによって、髪のコンディションを改善し、髪の悩みの対策を講じることができます。
ハリシュ お試し