外国為替の市場はどこにあるのか誰がどの様に取引をしているのか

外国為替の売買は、市場で行われていますが、具体的にはどんな場所にあるのか理解しづらいと感じている人は多いようです。よくニュースなどで見る株式市場は、刻々と変化し続ける株式の数字を前にして、たくさんの人が行き来している情景です。株式市場のイメージから、外国為替にもどこかに同じ様な市場があると思ってしまうのです。株の売買と違って、外貨の取引は市場と呼ばれる建物があるわけではなく、仮想の市場でのやりとりになります。外国為替は株式とは違い、取引所を通さずに金融機関同士でやり取りをしています。その取引手段はネットや電話を利用して、買いたい人と売りたい人同士が通貨を交換しているのです。インターバンク市場、あるいは銀行間市場とも呼ばれていますが、それらの取引の集合体が外国為替市場を構成する要素になっています。外国為替による売買をしたい人は、インターバンク市場に参加するために、金融機関にお金を預けることになります。外国為替市場は、インターネットや電話で取引されるので、月曜日から土曜日までの間、24時間休みなく行われています。外国為替取引は、電話やネットなど連絡をとるためのツールがあれば、株式市場と違い、いつでも注文できます。テレビを見ていると、東京外国為替市場とかニューヨーク外国為替市場のニュースが報道されていることがあります。現実に市場があるのではなく、単にその国でその時間に活発に外国為替の取引を行っている金融機関があっただけのことなのです。英会話子供